2016年6月4日土曜日

楽しくてすごい! 【LTH合作】ミリオンライブ!3rd st@ge Million Harmony

すごい楽しかったので感想文を書こうと思います。

【LTH合作】ミリオンライブ!3rd st@ge Million Harmony~Visual Theater~


【LTH合作】ミリオンライブ!3rd st@ge Million Harmony~Dance Theater~


【LTH合作】ミリオンライブ!3rd st@ge Million Harmony~Vocal Theater~


【LTH合作】ミリオンライブ!3rd st@ge Million Harmony~Ending~


主催はミントガムP。ミントガムP主催のミリオン合作はこれで3つめなのだけど、わたしは最初の「【合作】ミリオンライブ!1st Anniv.Stage ~day time~」だけ見てて、続きは見てなかったのです。

理由は簡単でミリオンのアイドルたちを全然知らなかったから。上手だな、とは思ったけれどそれ以上は見ることができませんでした。

そんなわたしですが、例によってアイマス架空戦記でミリオンのアイドルを知ることができました。T・Wさんの「マンデーフットボール」、シンジPの「テーマパーク」、yeさんの「しんでれら・まじっく」など。

大体どんなアイドルかわかるとがぜん見る気が出てきます。

今回のミリオンライブを見て、すぐに思い出したのがこれでした。

【ニコマスメドレー】PerfumeM@sterFestival-Sweet-【合作】


【ニコマスメドレー】PerfumeM@sterFestival-Bitter-【合作】


【ニコマスメドレー】PerfumeM@sterFestival打ち上げ動画!チョコパーン!!!


パヒュm@s祭りと同じように、楽しんで作ろう、すごいものを見せてやろうぜって、そういう熱気がうれしかったです。

こんな短い感想文でも、書くのに時間かかりました。好きです、ってだけだとうまく文章にできないものですね。何かかっこいいこと書こうと思わなければいいのでしょうけど。

本当に楽しい作品なので、みんな見てみて!

ミリオンのアイドルたちもかわいいよね!

2016年6月2日木曜日

第八次ウソm@s祭り!

新作がいっぱい来て、本当に楽しかった。遅刻作品もあるのでまだまだ楽しい。主催のケントゥリオP、本当にありがとうございます。

お前ら、どんだけウソm@s作りたかったんだよw ってくらい来てますね。そんな中からわたしが見た作品を簡単にご紹介。

【XCOM2】律子vsエイリアン Aパート【嘘m@s】
ダイヤモンドP


2016年2月5日に発売された作品を2016年3月20に3年かけて4作品で完結させる力技を持つのはダイヤモンドPだけ!凶悪な宇宙人に支配された地球。しかし、地球人はあきらめていなかった。秘密組織「XCOM」は果敢にエイリアンに対してゲリラ活動を行うのだ!

ダイヤモンドPの律子洋ゲーシリーズの最新作。結構難しく、すぐ味方が死ぬゲームらしいんだけど、ダPがうまいんだと思うんだけど、凶悪な律子が街を守って いるエイリアンを虐殺するゲームにしか見えない。ハンドガン使いの律子がエイリアンを「死刑!」と言いながら射殺するシーンが爽快。

【第八次ウソm@s祭り】フリスクファンタジー 第1話 悠久の風大作戦!

ラツマP


ラツマPが帰ってきた。ドット打ちの技術まで手に入れて。お題はファイナルファンタジーIII。ラツマPらしい丁寧だけどくどくない文章や構成は健在。いや、さらに力を増している。工藤忍ちゃんはわたしも大好きなのでぜひ続けてほしい。

ただ、FFIIIなんてまともにやったら3年で完結できたら御の字だよなあ……。最終ダンジョンだけで2年くらいかかりそうだし。

ここに包囲網を作ろう。


続きました。ラストダンジョンを考えると気が遠くなりますけど、2作目も同じクオリティのいい動画でした。

キミはボクを新しいセカイへ導いてくれる、そんな存在なんだ
風鈴P


二宮飛鳥と秋月涼が出会って……、というノベマス。制服姿の飛鳥が、むしろ、制服であるがために余計中二病っぽくってかわいかったです。

[第八次ウソm@s] 新旭日(はるか)の艦隊 海中戦艦新日本武尊出撃 前編
秋雨零時さん


新旭日の艦隊が原作、ゲームのサイレントハンターを使った架空戦記。海底戦艦の日本武尊がかっこよかったです。

【第八次ウソm@s祭り】輿水幸子の星霊狩り 最終話
花猪口P


第八次ウソm@s祭りで大活躍の花猪口P。いつもの142sが活躍、はしてないか。花猪口さんらしい、ファミコン演出が素敵。

サクセス アイドルプロデュース編【第八次ウソm@s】
むらたんP


大学まで野球を頑張ったパワプロ君。しかし、プロから声はかからず。就職もままならい中、765プロの高木社長にアイドルプロデューサーとしてスカウトされる。アイドルをプロデュースしてくれたらプロ野球球団に話をつけてくれるという餌に食いつくパワプロ君。

ゲームはパワポケになるのかな。作品はパワプロ君がミリオンのアイドルたちと会話をしながらプロデュースをしていくというある意味なつかしい仕様。会話の面白さでぐいぐい見せます。

会話によって色々なステータス、親密度なんかが上がるのはわかるんだけど、唐突にパワーヒッターが上がったりするところでクスっとできたり楽しい作品でした。

包囲網がしかれてるけど、この作品だけでも綺麗にまとまっているおすすめの作品です。

【第八次ウソm@s祭り】ゴジラ小梅&モスラ輝子 VS キングギドラ 最終話
花猪口P


花猪口さん2作目。これもファミコンのゴジラかなんかじゃなかったかな。なんだかようわからんけど、キングギドラに勝ったぞ!

【第八次ウソm@s祭り】アイドル関ヶ原・ダイジェスト予告編+OP
リンラオP


割りとガチな関ヶ原の戦い。関ヶ原なのに秀吉役に抜擢されて(ぬか)喜びする未来や、徳川なのに上杉なまつり姫というあたりの小ネタがリンラオP風味。誰がどの役なんだろうという短編ならではの楽しみがありますね。

【第八次ウソm@s祭り】ラストエンペラー菜々 Part1【ロマサガ2】
花猪口P


かつて栄華を極めたバレンヌ帝国。今ではアヴァロンだけの小国と成り果てた。しかし、偉大なる皇帝レオンが帝位を継いでから自体は変わる。国力を増すために遠征を行うレオン帝。ああ、しかしなんということだろう。レオン帝がアヴァロンを空けている時に七英雄のクジンシーが首都を襲う。防衛するのは若き英雄、第一皇子ヴィクトール。ヴィクトールの必殺技が完全に入ったのにまだ倒れないクジンシーは恐るべき技、ソウルスティールでヴィクトールの命を奪う。クジンシーに対抗するため、古代人より伝承法を手に入れたレオン帝は第二皇子ジェラールにソウルスティールの見切りを伝承し、天に帰る。

だが、敵はクジンシーだけではなかった。恐るべきゴブリンの前にジェラールを始め、歴代の皇帝がアヴァロンでそのいのちを落とすことになる。

伝承法にも限界はあった。ついに最後の伝承者、安部菜々皇帝が即位。最後の皇帝として、にっくき七英雄と戦うのだ!

ロマサガ2の縛りゲーの一つ、最終皇帝でクリアになるであろう作品。ニコマスでロマサガ2ってそこそこあるけど完結したのないんだよね。だから続編期待。花猪口Pならやってくれそう。ただし、完結がいつになるかわからんけど。でも見たい。囲もう。


あと、大事なこと書き忘れていた。ロマサガ2でベアが使う技は「パリイ」です。 「パリィ」じゃありません。コメントする時、気をつけましょう。

続きました。花猪口Pなら完結までいけるでしょう。色々ひどいですがw 定番の七英雄芝居が楽しいです。七と菜々かけてるのかな?


【第八次ウソm@s祭り】ハンター雪歩のモンスター狩猟日記【モンハン】
ゆきかきP


ゆきかきPの雪歩がモンハンをする話。うん、モンハンらしい……。 安定のゆきかきPクオリティ程度で書くのをやめとく。モンスターはいたよ。うん。

【第八次ウソm@s祭り】乗り切れ!無茶振り大公演【カードゲーム】
ンザP


MMDを使った、みんなでお話を作るゲーム。ウソm@sなんだけど、何がウソかは最後でわかります。割りと衝撃的。ンザPすごいや。

【第八次ウソm@s祭り】(アイマス×将棋)「Cross Herat(思い交わる時)OP」
こえだめP


第八次で4作もあった81m@s(将棋とアイマスの動画)の1作目。 ちーちゃんのインフェルノに合わせたOP風の将棋動画。スタイリッシュです。

ただ、コメントにも結構あって笑ってしまったんだけど、連載中のマジカルミステリーツアー、続けてくれと。わたしも続きが見たいです。あ、どっちも。


【第八次ウソm@s祭り】346プロの細かすぎて伝わらない将棋名シーン集
お茶好きP


お茶好きPというより、デレマス将棋ブロガーのお一人、将棋を趣味にした高垣楓botさんが、81m@sに参戦です。将棋面白話の短編集って感じかな?初回作だけあって、苦労した感じはありますけど、将棋好きなら見て損なし。次は、将棋ファン以外にも棋士のおかしさがもう少し伝わるような作品を見たいな。ブログはあれだけいい文章かくので、きっとできるはず。

囲もう。

catan m@ster ~律子からの挑戦状~
蒼猫P

6年ぶりにcatan m@sterの帝王、碧猫Pが復活。これだからウソm@sはやめられない。作品の切れ味は昔のまま。そして、懐かしい、カタンクイズがこの作品でした。ウソ要素もちゃんとあったよ。解決編が4/10とのことなので、また碧猫Pのカタンを見られるかと思うと、うれしさで一杯です。

神崎蘭子さんの将棋グリモワール 第1局《真剣師幸子》
グリモワプロさん

81m@s、なんと3作目。こちらも有名デレマス将棋ブロガー、神崎蘭子さんの将棋グリモワールさんの参戦です。

中学生にしてアイドルとなった輿水幸子。しかし、彼女のプロダクションは倒産してしまう。もう将棋には興味がないと思いつつ、なんとなく街の将棋道場にかよう。そこに謎の女性、鷺沢文香が現れ、幸子を誘う。特にやることもない幸子は結局ついていく。誘われた先で出会うのは熊本弁を使う、神崎蘭子であった。我と将棋を指さん!

アイドルが将棋を指すのはもう2016年では当然のことになりましたが、こちらのアイドルは真剣師。

KKPPフォーマットで見やすいのがいいですね。楓botさんも投稿コメントで書いてましたけど、もしかして楓botさんと将棋グリモワールさんを誘ったのってKKPPなの?だとしたらますます何者だよって感じです。

盤面はKKPPが使っているKiFlAのが見やすいかなあ。将棋そのものは対抗系の面白い展開で、どんでん返しも面白く、盤上のシンデレラが好きな人ならきっと好きになるでしょう。

ブログが大変なのはわかりますが、続けてほしいシリーズです。

続きました。どれもすごいクオリティです。81m@sファン、将棋ファンなら必見ですよ!

【パワプロ2013】アイドル240人のペナントレース【アイドルマスター】
胡桃坂さん



タイトル通り、パワプロ2013を使った野球作品。ゆっくりを使っているし、試合はダイジェストなので、腰痛Pの「【パワプロ2014栄冠ナイン】横浜モバゲーベイス高校奮闘記」風味になっておかしくないのに、なぜか強烈にはるぽんさんの「横浜は白星が少ない」臭がするんだよね。胡桃坂さんがはまない大好きだったからだろうか。チャンス誤の春香さん、千早◯の春香さん、竜宮が一緒のチームだったり。そんなところなんだろうなあ。
30分超え作品で、半分以上、どういう構成でチームを作ったとか、選手紹介なのに飽きさせない作り方はうまいなあと。もちろん試合も見応えたっぷりでした。ペナント全部やれとは言いませんが、続きを見たい作品です。

【第八次ウソm@s祭り】ニュージェネどうでしょうサイコロの旅【予告編】
リンラオP



リンラオPのどうでしょうのシンデレラガールズ版。やってることはいつもの何もかわらないのに、ニュージェネの3人にやらせると、「ひどいことやらせてるなあ」感が出て面白い。いつもの新潟の765プロのメンツだと、もっと面白いことやれって感じなのに。ちなみに雪歩は例によってカメラマンで参加。そして、いつものように画面に映ることはなし。
今やってる、春香と未来の罰ゲームシリーズが終わったら、こっちも正式に見たいなあ。

ブラタカネ Vol.1「湯宿温泉」
龍彦P



龍彦P、復帰第一作。旅m@sですね。また新潟の765プロが増えました。龍彦P作品なのに旅で食べ物が出てこなかったのはちょっと意外でした。温泉シーンも見たかったなあ。貴音と小鳥さんのちょっと大人な、そして、ちょっと静かないい雰囲気の旅m@s作品でした。続きはまだか。

【第八次ウソm@s祭り】武内Pと十時愛梨と南斗水鳥拳伝承者
花猪口P



花猪口さん大好きな北斗の拳でレイの妹がアイリってだけで、とときんがレイの妹になるだけのお話。いや、レイもデビューするんですけど。見た瞬間にオチまでわかる作品なんだけど、花猪口さんの演出がうまくてげらげら笑って見てました。こういうたんなるばか話大好きです。

【第八次ウソm@s】輿水幸子のデュアルランドを巡る7日間【遅刻】
添削P


「MTGのはじめかた」の連載を終えた添削Pのウソm@s作品。

マジックのイベントに参加した幸子はウカツにもカードを入れたカバンから離れてジュースを買いに言ってしまう。その間に泥棒に盗まれるレガシーデッキ。(いくらするんだ) 早苗さんや菜々さんの協力もあって犯人はみつかり、カードも帰ってくるけれど、1枚だけイタリア語版のVolcanic Islandは転売されていた。そのボルカを買っていたのは兵藤レナ。レナは言う、返して欲しくばレガシーでマッチ戦を行なえと。そのボルカは幸子にとっては大事なカードだった。一週間後、運命のデュエルが始まる……。
衝撃というか撃のラストが衝撃だった。続くみたいです。はよ、続きくれw



わたしが見たのはざっとこれくらいですか。新旧入り乱れて、いつものウソm@sのにぎわいがあったと思います。特に81m@sの数の多さは本当にうれしくて、ケントゥリオPには枕を向けて眠れません。本当に楽しいお祭りでした。

ウソm@sは遅刻上等なので、第九次ウソm@sまでこの喧騒は続きます。ウソm@sであるだけで作られる作品って本当にあるんだなあっていつも思います。
わたしの大好きな盤上のシンデレラだってもともとは第八次ウソm@s用だったそうですよ。

個人的には庭上げPがひょこっと、いつものひどい作品を上げてくれるかなあ、と期待していたのですが、それはかないませんでした。遅刻でも、第九次でもいいので、また、地獄の底から大天使の春香さんを復活させてほしいです。



最後に。 

ウソm@sはフライングだけは厳禁ですけど、これは、もうウソm@sやろってw

【八次ウソm@s】ビューティフルドリーマー?【あと2日】
くぴP



こんなすごいの見せられたら、ビューディフルドリーマ全編見たくなるやん。くぴP待ってるで!



書き始めてから時間経ってしまったけど、本当に楽しい祭りでした。ケントゥリオPには感謝しかありません。みなさんもウソm@sタグで検索してあたらしいニコマスを探してはいかがでしょうか。

ウソm@s楽しいよね。

2016年6月1日水曜日

わりとおもしろ動画 mknP 紅 【デレステMAD】

mknP久々のスマッシュヒット。1万回ったので感想文書いて見ようと思う。

X JAPANの紅を星輝子さんが歌う作品で、基本、かっこよくってロックなんだけど、色々おもしろ動画でもあるんだ。

紅 【デレステMAD】
mknP


紅もmknPが作業生やっててそれずっと見てました。まあ、かっこいいところから感想を。














このセンターにいる美少女は誰でしょう。後ろにシンデラガールズが誇る2大厨二病アイドルがいますね。ふたりとも中学二年生なんですね。フーン。














センターにいたのは、きのこちゃん、じゃないや、 星輝子さんでした。いいいいいひゃああああああああああああああああああああああああ。














いつものmknPといった感じでピシって決まってますねえ。これはきのこやってますわ。

基本こんな感じでかっこよく作品は続きます。



 










輝子メインの作品だけどたぶん、この動画で一番かっこいいシーン。なつきちのエアギター。ほんと曲にあってるんだよねえ。














エアギターのカットの切り取りもうまかったけど、このステップがまた最高。本当にかっこいい。














ラストは輝子のドヤ顔。これがまたロックでいいんだよなあ。

さてここから本題。タイトル、それと、前述の通り、わたしはmknPの作業生見てたんですけど、途中から笑いが止まりませんでした。これ、結構なおもしろ動画なんですよ。

そのいち。輝子のアホ毛アクセがおかしすぎる。














赤丸で囲んだところを見てください。これ、この作品の投稿者コメントもありますし、mknPの作業生で、mknP本人が言ってて、それで気づいたんですけど、浮いてるw いくらきのこきめてもアクセは浮かないと思うんだけど、浮いてるよ。もう、これに気づいた後はただ輝子の頭ばっか見てました。だって浮いてるんですよ?

そのに。瞳孔が開いてる。

 












ひゃっはーの後、輝子、瞳孔開きっぱなしなんですよね。何度も見てると、きのこきめてるとかそういうあれじゃなくってなんだかおもしろくなってきました。

そのさん。どう見てもにわか。

 












李衣菜ファンには悪いけど、なつきちと比較するとどうしてもにわか感っていうか、そもそもお前ギター弾けないよね、みたいな感じが短いシーンで演出されてておもしろ感が倍増されます。ここ、ほんと好き。ステップはなつきちに負けてないんだけどね。(とりーなファンにも媚を売る)

そのよん。(さいご)。どう見ても土俵入り。

 












作業生見てて一番笑ったのがこのカット。これ、どう見ても土俵入りだよね。「ひがああしいいい、きのこぉもりぃいいいいい」にしかみえなくてずっと笑って見てました。


ニコニコ動画のコメントを見る限り、かっこいい動画に見えたこの作品、わりとおもしろ動画じゃなかったでしょうか。そんなわけで、別の視点から感想を書いて見ました。


mknP、またおもしろ動画作ってくれw

2016年5月21日土曜日

81m@sの春

81m@sとは将棋を題材にしたニコマス動画です。将棋が81マスあるからですね。今この81m@sが熱い!そんな81m@s動画を歴史にそって紹介してみたいと思います。

1. 黎明期

この作品が現存する最古の81m@sタグをつけられた作品です。

【アイマス架空-taleパーティL4U!】春香と学ぶ将棋講座 第1回
事故米P


アイマス架空-taleパーティの1作として投稿された作品。第4回まで投稿されています。架空戦記ではなく、教養講座ですね。本当の初心者向けで駒の動かし方から説明しています。

2. PNP。最初の黄金期

事実上の81m@sの生みの親とも言うべき、PNPがデビューします。

【アイマス×将棋】 アイドルペア将棋(中高生の部)開幕アイマス×将棋】
PNP


【アイマス×将棋】ののワ杯女王戦/架空ドラマふたみっこ(01)


【アイマス×将棋】アイドル将棋列伝~如月千早編(矢倉)


将棋ウォーズで、初段の春香さんが二段を目指す~第1局


PNPが81m@sに起こした革命はアイドルが「対局」をするというところにあります。81m@sを含む、創作対局動画の難しさは見ている人に将棋の強い人がいるところにあります。あまりに拙い対局では当然、ニコニコ動画のよさの一つであるコメントに辛辣なものが増えることになり、悪さになってしまいます。
しかし、PNPの対局は十分視聴に耐えるものであり、と言いますか、むしろわたし程度だともうすでについていけないレベルのもので好評を博しました。
PNPのすごいところは投稿ペースが早いところで、 ほぼ2週に1本の割合で投稿されていました。これは棋譜が自作であることを考えると、とんでもないペースです。
アイドルたちの掛け合いも楽しく、見応えのある81m@sを定期的に見ることができたこの時代は81m@sの最初の黄金期と言っていいと思います。
2016年05月01日に「将棋ウォーズで、初段の春香さんが二段を目指す~第1局」で華麗に復活されました。3作であっという間に二段になってしまい、腕の方も健在なようです。続きがあるそうなので楽しみでたまりません。

3. 眉間飛車P。81m@sの完成

PNPがアイドル将棋列伝でどちらかというと架空戦記と言うより教養講座を行っていた時、81m@s界に衝撃が走りました。

【嘘m@s】「81マスのマーメイド」予告編【将棋】
眉間飛車P


眉間飛車Pの登場です。眉間飛車Pが行った改革で現在の81m@sの土台はほとんど完成されたと言っていいでしょう。それも複数あるのです。
まずは将棋をドラマと完全に融合させました。PNPのふたみっこでもドラマはありましたが、将棋とは分離されていました。眉間飛車Pの81マスのマーメイドは潰れそうな765プロを救うため、律子がアイドル竜王に挑むというストーリーの中で将棋が指されます。咲の将棋版といったところでしょうか。
将棋倶楽部24でR2100という棋力も当然のように作品に寄与しています。PNPの棋譜も十分に見応えがありましたが、眉間飛車Pはその棋譜で何を見せたいのか、ドラマのためになぜその棋譜なのかを視聴者に納得させる力がありました。
棋譜に矢印を用いたのも眉間飛車Pが最初です。これで初心者にもどの駒がどう動くのかがものすごく見やすくなりました。
MMDの導入も眉間飛車Pの功績です。これはまだ追随者が現れていませんが、実際にアイドルが指すという画が見られるという利点は計り知れないものがあります。
眉間飛車Pの特徴としては駒や手に英語を用いるというものがあり、これがまたおしゃれな感じをかもし出していて楽しい動画になっていました。

4. こえだめPの孤軍奮闘

そんな眉間飛車Pですが、2013年8月10日を最後に投稿が止まってしまいます。81m@sの火もここで消えてしまうのか。そんな時に現れたのがこえだめPでした。

【アイマス×将棋】im@s杯オーブンレンジ戦 part01
こえだめP


PNPのアイドルペア将棋のように765プロのアイドルたちがトーナメント戦を戦うシリーズです。事実上2014年、2015年はこえだめPが81m@sの孤塁を守る様相でした。こえだめPのおかげでわたしたち81m@sのファンは絶えることなく81m@sを楽しめたのです。どれだけ感謝してもしたりません。
こえだめP作品は序盤と最後に茶番があり、中盤にアイドルが将棋を指すというものです。失礼ですが、眉間飛車PやPNPほど棋力があるようには見受けられませんが、それでも、アイドルが将棋を指すという根源的な楽しさは十分に楽しめます。逆に、アイドルが将棋を差したらこんなものかというリアリティもあります。
投稿ペースはあまり早い方ではありませんが、現在も精力的に投稿されています。

5. KKPPの衝撃。盤上のシンデレラ

2015年も押し迫った2015年11月01日、一つの動画が投稿され、81m@s界に激震が走りました。

盤上のシンデレラ ~島村卯月はノーマル四間飛車党~ 第1局
KKPP


1作目は、十分すぎるほどの完成度でしたが、まだ、架空戦記としては甘さも見える作品でした。しかし、その高度な棋譜に多くの81m@sファンが度肝を抜かれました。
ほぼ週刊で投稿される動画。みるみるうまくなっていく作品。棋譜が自作ということに驚愕する視聴者。
そして伝説が生まれました。「盤上のシンデレラ ~安部菜々と地獄の検討室~ 第4局」 この作品は2015年11月15日に行われた、JT杯決勝、三浦弘行九段-深浦康市九段の対局にKKPPの検討を加えた作品です。この動画の投稿日は2015年11月21日。1週間も経っていません。プロの棋譜に検討を加えた作品を作るだけでもおかしいです。
さらに、ニコマスだけではなく将棋界(の一部)にも激震が走りました。この時、KKPPが検討して、作品内では楓さんが指した新手が実際にプロの試合で指されたのです。(2015年12月11日の第41期棋王戦挑決トーナメント佐藤天彦八段-阿部健治郎六段)
現在のプロの研究の深さ、量を考えると想像を絶するできごとでした。
また、「盤上のシンデレラ ~小早川紗枝は四間に挑む~ 第10局」では窪田義行六段がtwitterで本局の解説を行うという意味不明な事態が発生しました。プロの棋譜をアイドルが解説する動画。これはわかります。しかし、架空戦記のアイドルの棋譜をプロが解説するということは前代未聞です。

指した手の解説は眉間飛車Pも行っていましたが、「指さなかった手」を描いたところがKKPPの新手かと思います。これによって、将棋指しが何を考えているかの一端が伝わってきて、作品の魅力を増しているように思います。

将棋における数々の問題を取り上げることもこのシリーズの魅力の一つです。「見えすぎるがゆえの早投げはいいのか」「美しい棋譜を残すためにどこまで指せばいいのか」「将棋コンピュータの形勢判断の表示は今のままでいいのか」 などなど。

盤上のシンデレラは架空戦記、ノベマスとしても完成度が高く、本当に驚かされます。

架空戦記には色々なものがありますが、競技を扱ったもので、後世に影響が大きく、かつ、それ自体が素晴らしいシリーズとしては、弓削Pの「アイドルたちのジャンケン大会」、介党鱈Pの「ぷよm@s」があげられると思います。
どちらも、対象となるゲームがうまい。(ジャンケンはオリジナルゲームですが、うまいと言っていいでしょう) アイドルごとに得意な戦法がある。ミスリードを誘う演出で逆転を上手に見せる、と言った特徴があると思います。
現在この手法で大成功しているのがyeさんの「しんでれら・まじっく」でしょう。
盤上のシンデレラもこの系譜に連なる作品だと思います。特に第1局のコメントを見るとKKPPのミスリードに引っかかっている人がいて微笑ましくなります。
得意技があると、アイドルの特徴を立てられますし、将棋で言えばある戦型が好きな人がそれに惹かれてそのアイドルも好きになるというメリットもあると思います。ただし、将棋に限らず、そのゲームが本当に上手い人でないとできない技ですね。だからこそ、輝くのだと思います。

本筋と関係ないのですが、KKPPはKKPPと言う名前なので、本来はKKPPPかKKPPさんと書くべきなのでしょうけど、みんなKKPPと書いてますので、わたしもそれにならいました。

6. そして81m@sの春

盤上のシンデレラのシンデレラに満足していた2016年の春、さらに嬉しいことが起こりました。

【第八次ウソm@s祭り】346プロの細かすぎて伝わらない将棋名シーン集
お茶好きPさん


ケントゥリオPによって3年ぶりに開催された「第八次ウソm@s祭り」にデレマス将棋ブログ界より、Twitterでは「将棋を趣味にした高垣楓bot」さん、ブログでは「とある事務所の将棋紀行」さんが参戦してくれました。棋界のおもしろ話をアイドルが紹介と言いますか、演じてくれる作品でした。

デレマス将棋ブログ界でも盤上のシンデレラは評判で、だからこその参戦なのかと思うと、KKPPには頭が上がりません。

そして、まさかのデレマス将棋ブログ界の闇の天使、将棋グリモワールさんが81m@sに参加してくれました。
神崎蘭子の将棋グリモワールは「神崎蘭子の『第74期順位戦A級9回戦 行方-佐藤天』グリモワール」で、なんと、観戦記を熊本弁で書き上げるという凄まじいことをやってのけました。しかし、度肝を抜かれたのは、その後に「【翻訳版】神崎蘭子の『第74期順位戦A級9回戦 行方-佐藤天』グリモワール」が出た時でしょう。多くの将棋ファンが拍手を送ったものです。

そんなグリモワプロさんが送るシリーズがこれです。

神崎蘭子さんの将棋グリモワール 第1局《真剣師幸子》
グリモワプロ


所属するプロダクションを失った輿水幸子はアイドルであることをやめる。しかし、将棋を捨てることはできない。将棋道場で将棋を指す日々。そんな幸子に蘭子が声をかける。

ブログでつちかった高い文章力。これまた高い棋力によって生み出される楽しい棋譜。盤上のシンデレラよりは物語よりの作品ですが、将棋の方も見る価値ありです。架空戦記でゲームよりノベマス寄りが好きな人には盤上のシンデレラよりもこちらの方がおすすめかもしれません。



わたしは将棋は、もうまったく指しません。相手がいないということもありますけれど、あまりに下手で指す気にならないのです。ですが、将棋を見るのは好きです。大好きなニコマスでアイドルが将棋を指す、最高ですよね。

現在、PNP、こえだめP、KKPP、グリモワプロさんの4人が連載を続けています。願わくば楓botさんの新作、そして眉間飛車Pの復活を。そして、あらたな81m@sPの誕生を。

81m@sが百花繚乱になりますように。

ここに紹介できなかった81m@s作品もあります。

将棋、実際むずかしいですけど、81m@sはコメントもありますし、是非多くの人に見てもらいたいな。世界に誇れる頭脳ゲームと楽しいアイドルのやり取りを見られるのは81m@sだけです!もっと多くの人に見て欲しいと思って、この感想文を書きました。

81m@s、楽しいよね!

2016年5月14日土曜日

旅の終わり メープルP 【旅m@s】楓さんと行く津軽 機関車牽引列車の旅 第十二話(終)

一つの旅が終わった。2013年6月22日に始まったその旅は、3年近い歳を経て、2016年4月24日に終着した。楽しい旅だった。楽しかったが故に、終わりが寂しい。

メープルPの楓さんと行く津軽 機関車牽引列車の旅の感想をネタバレ全開で書こうと思う。

物語はモデルから765プロのアイドルへと移った楓さんの話だ。デビューから順風満帆。それが故に疲れが見える楓さんに社長が温泉旅行をプレゼントする。エスコートするのは楓さんのプロデューサー。そういうお話。





2016年3月29日火曜日

リップシンクロでできることとできないこと。そして、ぴっかりP風の作品の作り方。 ぴっかりP。 アイドルマスター サクラ大戦 「ここはパラダイス」

アイドルマスター サクラ大戦 「ここはパラダイス」
 ぴっかりP


初見でまたアホなことやってるなあ、と。ここ数年のはずっとそうなんだけど。

コメントで相変わらずリップシンクロで褒められているので、このリップシンクロで何ができるかを書いてみたいと思います。(偉そうに)

長く書くつもりはないので最初だけ。0:43あたり、 厳密に言えば1286フレーム目。この画からの貴音のシーンです。
















30fpsで作っているのでなんと18秒もあります。このスクリーンショット見てもわかると思うんですけど、貴音はなんのてらいもないただ真ん中で歌っているだけなんですよね。

ニコマスで、というか、アイドルマスターの動画を借りて他の曲に合わせる作品で、この構成は通常では致命的です。もう、すぐ、見るのやめられちゃいます。なぜかというと、飽きちゃうんですよね。だから、ステージPVをメインにしている人は短いカットで画面を切り替えるのです。そのうまさがシンクロのうまさ、と言われていると言ってもいいでしょう。

ロングでの長回しはまた別の話になるのでちょっとおいておくとしても、1カット18秒のミドルというのは正直、ニコマス的には褒められる構想ではありません。

ただ、こうやってリップシンクロがあるとまた話は変わるんですよね。ここはパラダイスをまさに歌っているような貴音。こうなると、むしろ、カットを切り替えて欲しくないくらい、貴音の位置も、凝ってほしくないくらい、ただアイドルをちゃんと見たくなるじゃないですか。

リアルのアイドルの映像でもこういうミドルレンジで真正面を18秒というのは実は難しいです。特に最近はですけど。フルHDになってから、肌の荒れとかが目につくのである程度以上のミドルは撮りにくいんですよね。だから、カットを変えてしまう。

だけど、ぴっかりPの貴音は、雪歩は、律子は美しくかわいいままダンスを見せてくれます。

ただ、条件はあります。やっぱり素組での仮組みでのダンスが楽しくないとここまでの作品は作れないんですよね。 

ぴっかりP的なリップシンクロはダンスさえ組めれば、あとは口をあわせるだけなので、そういう意味では簡単なんですよ。

作り方は聞いているので説明できますけど、全10191フレームに手を入れるだけなんです。違和感があるカットというか、ショットがあれば手を入れる。

昔、2007年くらいの人がいい感じのダンスを探して(当時はカメラをえらべませんでした)、同じダンスで100も200もダンスを撮ったように、違和感のない口を探して、その口だけを撮って、そして、1フレームずつ合成すれば、あなたもぴっかりPのような作品が作れるでしょう。

ただし、ダンスをうまく組めれば。 

ぴっかりPには悪いけど、ネタバレをしてしまいました。ぴっかりP風の作品が増えることを一ぴっかりPファンとして願っています。

注記)ぴっかりPはこの作品作るのにデータ領域で393.25GB使ったそうなので、ダンスを組むセンスと口パク合わせる根性の他に、ある程度以上のHDDかSDDの領域が必要です。

2016年2月20日土曜日

ugさん 響きたて!!ジャぱん 第1話

響きたて!!ジャぱん 第1話
ugさん


ぷちますと焼きたて!!ジャぱんのコラボというようわからんノリのノベマス。

パンを作るために最高の手の温度(太陽の手)を持つ我那覇響が今日も美味しいパンを作るのだ!というより、それを食べたPのリアクションが面白い作品。















うん。こんな作品なんだ。紹介しておいてなんだけど、響のかわいさを期待した人がいたらすまんかった。

作者の橋口たかしさんはメチャクチャ絵がうまくて、特に女の子の絵がうまいんだけど、女の子がかわいい話は絶対に描かないというか、なんかそういう宗教かなんかなんだろうか。

ウインドミルの作者だってさっきググッて知りました。ウインドミル、絵が好きで全巻揃えてるのに。

新人さんらしいけど、新人さん離れした作品でした。

ノベマスとか架空戦記映像作品「でも」あるので、抜き絵と文字のジャギー(輪郭がガタガタしてるヤツ)に気を使ってくれている作品は本当に見やすいです。言うほど楽じゃないんだろうけど。

とにかくおすすめ。みんな見よう!

あ、作品内で使われてるホウキ雲は当然いおりんバージョンでしたよ。

2016年2月9日火曜日

名前のないP 12人の怒れるアイドル

ネタバレのあるブログです。

【NovelsM@ster】12人の怒れるアイドル
名前のないP


一応改ページしきますが、まずは面白かったです。特に会話、会話というか独白がよかったです。よく練られていたと思いました。また、ほぼ毎日更新でしたので、その速度に驚きながらも、前の話を忘れることもなくテンポよく見させていただきました。名前のないP、ありがとう!


2016年1月25日月曜日

やっぱり書いておこうと思う。

このブログでは基本的にニコマス作品についてわたしがなんで好きなのかどう好きなかだけを書いていこうと思っています。

ニコマス界隈がどうとか、わたしとニコマスの出会いとかそういうのは書かない方向で。

でも、やっぱりこのことについては書いておこうと思う。

ありがとうございまし、た - 続・空から降ってくるので

ブログ、続・空から降ってくるので、のカズマさん、3年ほどご病気で、しばらくブログを離れるそうです。ちょうどカズマさんがあまりブログを更新しなくなった頃と一致しているので、今から思うと、ああ、という感じです。

twitterで拝見する分にはやる夫スレ見たり艦これやったりしてたので、 たんにもうあんまりニコマスについて書くことなくなったのかな、程度に思っていました。

もちろん、ブログとしての続・空から降ってくるので(以降、続空)も楽しみに読んでいたけど、わたしにとってははてなブックマーカーのhunirakunira2さんとしての印象も強いです。

色々なブログを探してきてブックマークして。記事からの引用も、短いコメントも読み応えがあって、ああ、よく読んでるんだなあ、見てるんだなあって思っていました。

このブログも設置したはいいけど、ずっと放置でアイマス2で熱が戻って来て再開したわけなんですけど、再開初期に「もっと眩しくなれ」という感想文を書きました。この文章にhunirakunira2さんがこういうコメントをくれました。
実にいい感じに熱くて過不足のないドドリアP新作の感想
すごいうれしかったなあ。

忘備録的に再開したブログですけれど、公開している以上はやっぱり読んで欲しいし、リアクションがあると本当にはげみになります。このブログ、全然読まれてなくて、ブックマークされたり誰かが言及してくれないと大体1桁くらいのアクセスです。ですがhunirakunira2さんにブックマークしてもらったりするとすぐ2桁のPVになるのです。

hunirakunira2さんのアンテナ、ニコマスブログアンテナに補足された時も、なんていうか、認められたというか、いてもいい組になったんだなあ、とにやにやしたものです。

結局、あまりhunirakunira2さんからブックマークはしてもらえなかったけれど、感想文を書くたび、どこかでhunirakunira2さんにブックマークしてもらえないかな、短くていいので感想もらえないかな、と思っていました。

こんなこと、もっと前に本人に言っておけよって話ですけど、こっぱずかしいですし、こんなことになるなんて思ってなかったし、いい感想文書けば、またブックマークしてくれるんじゃないかな、ということ自体がはげみになっていました。 

病気がよくなったら、また続空で楽しい文章を読ませてください。そして、わたしの感想文にまたブックマークして感想つけてくれたらうれしいな。

それにふさわしい文章が書けるように精進しながら待っています。

ありがとうございました。元気になって、また、ブログやブックマークで活躍する日を本当に待っています。